ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

カテゴリー 事業継承のためのM&A

事業継承のためのM&A

M&Aで重要な労働契約の基本知識M&Aを進めるうえで最も神経を使う労働契約

2017年12月12日

M&Aにおいて非常にセンシティブな問題として、売り手側企業の従業員の扱いというものがあります。この問題を労働契約の問題としてみていきましょう。今まで働いていた従業員の立場や環境に大きな影響を与えるため、時としてM&Aの契約全体の成否を決定することもあるでしょう。また、労働組合の協議や今までの労使法にかかわるような勤務体系などがあった場合、買い手側のリスクと認...

事業継承のためのM&A

M&A の流れを知っておこう!M&Aのやりとりを売り手側から見ていく

2017年12月12日

いざ、M&Aを行おう!と思っていても、そのやり方や流れを把握できないために二の足を踏んでしまっていることは多いのではないでしょうか。今回は、売り手側企業から見たM&Aをフローについてみていきましょう。また、M&A買い手側企業の探し方は自力と仲介業者を使う二つの方法がありますが、ここでは仲介業者を使う方法で進めていきます。

事業継承のためのM&A

M&Aの買収の進め方の基本知識M&A買収する企業はこう進めていく

2017年12月11日

M&Aには、必ず買い手と売り手の企業が出てきます。そして、その仲介者として政府の支援機構であったりコンサルタントであったりという企業が入ってくるでしょう。今回は、そうした中でも、買い手側がM&Aをするときにどのように動くのかについてみていきましょう。これを知っていると、買い手側とのコミュニケーションが円滑になる場合がありますよ。

事業継承のためのM&A

M&Aの企業評価の方法とは?M&Aの企業価値評価はこうも違う

2017年12月11日

上場していない中小企業としては、非公開株を前提とした自社価値というものがどのような形で値が付くのかわからないため不安であるという人が多いのではないでしょうか。企業価値評価方法については大きく分けて3つあります。経済的利益・資産価値・市場価値に注目した評価方法です。この3つについて、見ていきましょう。

事業継承のためのM&A

M&Aのデューデリジェンスとは?M&A取引におけるデューデリジェンス

2017年12月11日

M&Aを進めるにあたって必ず出てくる言葉の中にデューデリジェンス(Duediligence)という非常に重要なキーワードがあります。デューデリジェンスとは、「行うべき調査」とでも訳せばいいでしょうか、M&Aを進めるうえで買い手と売り手の情報の非対称性を解消するために、事業の評価や財務的な評価などを行っていくことを指します。基本的に、M&Aなどの大規模な取引は...

事業継承のためのM&A

M&Aを成功させるためには?M&A成功のための3つのキーポイント

2017年12月11日

中小企業によるM&Aの特徴として挙げられるのは、やはり会社の資産と経営者の個人補償や担保の資産をきれいに分けきることが出来ない点です。また、中小企業は上場をしておらず非公開株で出来上がっているため、的確な価格が描けないという問題もあります。こうした問題点を整理するためのキーポイントについて3つの観点から見ていくことにしましょう。