ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " デューデリジェンス " に関する記事

買収監査を指します。省略してDDとも呼ばれます。 書面上のことが真実かどうかをチェックします。 内容によって、 ●財務デューデリジェンス ●人事デューデリジェンス ●ビズネスデューデリジェンス ●システムデューデリジェンス ●法務デューデリジェンス などがあり、それぞれを専門家が監査を行います。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その10M&Aは手段に過ぎない!事業統合の重要性と目的の実現

2019年5月11日

M&Aは「最終譲渡契約」から「クロージング(決済)」により一応終了します。 ただ、M&Aはこれで完了する訳ではありません。本当の意味でのM&Aは、ここからが始まりです。 M&Aは、売上を上げる、利益を増やすといった経営戦略上の目的や会社を存続させ、従業員の雇用を守るといった事業承継上の使命があります。 M&Aで重要なことは、こうした目的を実現することで...

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その8M&Aプロセスの中でも特に重要な『デューデリジェンス(DD)』

2019年5月11日

M&Aでは「基本合意契約」から本格的な「最終譲渡契約」を締結するまでの間に、買手側企業が「ノンネームシート」や「IM(インフォメーション・メモランダム)」といった開示情報などの正確性を、公認会計士、税理士、弁護士といった外部の専門家に依頼して詳しい調査を実施します。これがデューデリジェンスです。  

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その4『株式譲渡』に見るM&Aのプロセス

2019年5月4日

M&Aによる詳しいスキームについては「M&Aによる事業承継講座」 その3で解説しましたが、実際にそのスキームを利用してM&Aはどのように行われていくのでしょうか。今回は中小企業におけるM&Aスキームの代表格である「株式譲渡」を例に、一連のプロセスについて見ていくことにします。

未登録

M&Aの買収の進め方の基本知識M&A買収する企業はこう進めていく

2017年12月11日

M&Aには、必ず買い手と売り手の企業が出てきます。そして、その仲介者として政府の支援機構であったりコンサルタントであったりという企業が入ってくるでしょう。今回は、そうした中でも、買い手側がM&Aをするときにどのように動くのかについてみていきましょう。これを知っていると、買い手側とのコミュニケーションが円滑になる場合がありますよ。

未登録

M&Aのデューデリジェンスとは?M&A取引におけるデューデリジェンス

2017年12月11日

M&Aを進めるにあたって必ず出てくる言葉の中にデューデリジェンス(Duediligence)という非常に重要なキーワードがあります。デューデリジェンスとは、「行うべき調査」とでも訳せばいいでしょうか、M&Aを進めるうえで買い手と売り手の情報の非対称性を解消するために、事業の評価や財務的な評価などを行っていくことを指します。基本的に、M&Aなどの大規模な取引は...

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ③ 事業譲渡

2017年11月26日

事業譲渡方式は、事業継承ではあまり一般的とは言えないでしょう。しかし、使い方によっては現経営者・創業者にとって非常にメリットの大きい事業継承スタイルです。M&Aを行う方の視点からすると、会社そのものを継承するにはリスクが大きい場合や、特定の分野のみの買収を行いたい場合などに用いられることがあるスタイルでもあります。そんな使い方の限られる事業譲渡について詳しく...

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ① 株式譲渡

2017年11月26日

それでは、事業継承のM&Aについて詳しく具体的に見ていきましょう。今回は株式譲渡による事業継承M&Aです。株式譲渡によるM&Aは一般的に言っても最もわかりやすく取り組みやすい手法として多くの企業が採用しています。事業継承のM&Aということで、基本的には、100%譲渡になると思いますが、まずは株式譲渡全般について解説していきましょう。