ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 合併 " に関する記事

2社以上の会社がひとつの会社になることを指します。 どちらかの会社が消滅し、吸収されるのが吸収合併。 どちらの会社も消滅し、新しい会社を設立するのが新設合併。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その15M&A戦略の目的とそのメリット・デメリットは?

2019年6月3日

近年、M&Aという言葉をよく耳にするようになりました。 M&A(Mergers And Acquisitions)とは、日本語にすると「合併・買収」と表されます。 いくつかの企業が統合合併してひとつの企業になったり、ある企業がほかの企業の株式や事業を買い取って自社の傘下にすることをいいます。 今回は、M&Aがなぜ行われるのか、そのメリットは何かといった...

未登録

会社の身売りではない!M&A基礎知識

2019年5月27日

M&Aという言葉が新聞上に載り出したのは2000年ごろからです。特に世間を賑わせたのは有名企業による敵対的買収。ライブドアによるニッポン放送の買収問題は特に有名ですね。 それらのおかげでM&Aや買収のイメージは、力づくで無理やり身請けされる金のかかる嫌がらせ、経営が立ち行かなくなった会社の末路など、非常にマイナスのものになりました。 「あそこの会...

未登録

会社の身売りではない!M&A基礎知識

2019年5月27日

M&Aという言葉が新聞上に載り出したのは2000年ごろからです。特に世間を賑わせたのは有名企業による敵対的買収。ライブドアによるニッポン放送の買収問題は特に有名ですね。 それらのおかげでM&Aや買収のイメージは、力づくで無理やり身請けされる金のかかる嫌がらせ、経営が立ち行かなくなった会社の末路など、非常にマイナスのものになりました。 「あそこの会...

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その3中小企業が行いやすい「承継」の仕方

2019年5月4日

中小企業経営者や小規模事業主の人たちが、事業承継に際してとる方法として「親族内承継」、「親族外承継」、「M&Aによる第三者への承継」という3つの選択肢があることは、すでに「M&Aによる事業承継講座」その1で述べました。 今回は、3つのうちの「M&Aによる第三者への承継」で、中小企業、個人事業主が行いやすい方法について解説していきます。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その2M&Aによる第三者への承継って?

2019年5月4日

団塊の世代も70歳を超え、リタイアを考えるとき、大きな問題となるのが事業承継です。 超高齢化社会となる我が国において、大多数を占める中小企業の廃業が心配されるところです。 このような時代背景のもと、近年注目されているのが「M&Aによる第三者への承継」です。 一昔前までは大手上場企業が行ってきたM&Aですが、企業存続のため中小企業も行うようになってきまし...

未登録

M&Aの注意点を押さえるM&Aの注意点② 中小企業の戦略

2018年1月22日

中小企業にとってもM&Aというのは経営戦略としてみることが出来ます。事業継承という視点だけでなく経営そのものを刷新する、あるいは経営における重要な選択と集中のバランスを変更する。こういったいわば企業再編にM&Aは好都合です。事業継承も含め、経営戦略に合致しないM&Aが行われると、必ずと言っていいほどM&A後の経営効率が悪化し、失敗を招きます。そのようなことに...

未登録

M&Aで重要な労働契約の基本知識M&Aを進めるうえで最も神経を使う労働契約

2017年12月12日

M&Aにおいて非常にセンシティブな問題として、売り手側企業の従業員の扱いというものがあります。この問題を労働契約の問題としてみていきましょう。今まで働いていた従業員の立場や環境に大きな影響を与えるため、時としてM&Aの契約全体の成否を決定することもあるでしょう。また、労働組合の協議や今までの労使法にかかわるような勤務体系などがあった場合、買い手側のリスクと認...

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ② 合併

2017年11月26日

事業継承のM&A、続いては合併によるM&Aについてみていきましょう。とはいえ、実は事業継承としてのM&Aを行う場合は、合併、とりわけ日本でよく耳にする吸収合併という仕組みはあまり採用されません。理由としてはメリット・デメリットが別項で説明している株式譲渡と変わらないにもかかわらず、法的要件が厳しく手続きがとても煩雑となりがちだからです。もともと、合併とは、2...

未登録

交渉におけるコミュニケーションが重要M&Aに参加する仲介者について

2017年11月22日

事業継承において最も重要なことは、交渉におけるコミュニケーションです。自社がどれだけ魅力的な存在であっても、その交渉ごとに失敗した結果、良い買い手が見つからなかったり、条件が悪くなってしまったりすることはよくあることでしょう。そこで、ここでは、事業継承のM&Aをする際の相手が考えていることや性格についてみていきます。交渉ごとの名人は、必ず相手がどういう存在で...

未登録

M&Aにはどんな方法がある?事業継承に関係する8つのM&Aの方法

2017年11月22日

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称であり、Mergersは合併をAcquisitionsは買収をそれぞれさします。合併とは2つ以上の会社が1つになること、買収とはある会社がほかの会社を買ったりすることになります。多くの場合、資本提携などを経てある企業と別の企業が1つに大きくなるという意味で使われているでしょう。また、M&Aの...