ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 事業譲渡 " に関する記事

複数の事業を行っている企業が、特定の事業の一部やまたは全部を買い手に売却します。 たとえば食品加工をしている会社が、貸駐車場も経営していたとします。創業者は会社を譲ったあとは貸駐車場を続けていくという場合、食品加工のみ事業譲渡。 特に中小企業では経営者の保険は法人保険に入っているなど、会社全体を売却するのが難しいケースがあります。 そういった際にも、一部の事業だけが売却されるのです。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その4『株式譲渡』に見るM&Aのプロセス

2019年5月4日

M&Aによる詳しいスキームについては「M&Aによる事業承継講座」 その3で解説しましたが、実際にそのスキームを利用してM&Aはどのように行われていくのでしょうか。今回は中小企業におけるM&Aスキームの代表格である「株式譲渡」を例に、一連のプロセスについて見ていくことにします。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その3中小企業が行いやすい「承継」の仕方

2019年5月4日

中小企業経営者や小規模事業主の人たちが、事業承継に際してとる方法として「親族内承継」、「親族外承継」、「M&Aによる第三者への承継」という3つの選択肢があることは、すでに「M&Aによる事業承継講座」その1で述べました。 今回は、3つのうちの「M&Aによる第三者への承継」で、中小企業、個人事業主が行いやすい方法について解説していきます。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その2M&Aによる第三者への承継って?

2019年5月4日

団塊の世代も70歳を超え、リタイアを考えるとき、大きな問題となるのが事業承継です。 超高齢化社会となる我が国において、大多数を占める中小企業の廃業が心配されるところです。 このような時代背景のもと、近年注目されているのが「M&Aによる第三者への承継」です。 一昔前までは大手上場企業が行ってきたM&Aですが、企業存続のため中小企業も行うようになってきまし...

未登録

M&A手法の基本知識M&Aと税金対策④ 相続対策

2018年1月22日

M&Aを起こして金銭的利益などを得た場合、その前に比べて個人的な資産が相当増えている場合があります。このように爆発的に増えた資産については、計画的に対応しておかないと相続などで思わぬ税金にぶつかり、自分だけでなく家族も困ってしまう場合もあるのです。ここでは、遺産・納税資金・節税の3つに対してそれぞれ対策を見ていきます。この三つについてバランスよく考えていかな...

未登録

M&A手法の基本知識M&Aと税金対策③ 役員退職

2018年1月22日

事業譲渡を活用してM&Aを実行した際に役員などにこの報酬を分配する場合、役員退職金を組み合わせることで税負担を軽くできる可能性があります。これは、現在の会社から退職することが前提となりますが、退職金は一時金として受け取ることになるため、給与や賞与よりも税額が優遇されているのです。税額を決定する計算を見てみても、退職金の額から退職所得控除を差し引き、その金額の...

未登録

M&A手法の基本知識M&Aと税金対策② 事業譲渡を詳しく

2018年1月22日

M&Aにおける税金ということで別項にて考え方や基礎を確認しましたが、その中にも出てきた事業譲渡は、一部譲渡と全部譲渡を活用することでまた少しずつ違った様相を見せてきます。中小企業の事業継承においては、この一部譲渡と全部譲渡は使い分けることによって後継者の心理的経済的負担を減らすことが出来るため、これらの特徴を頭に入れておいたほうがいいでしょう。

未登録

M&A手法の基本知識M&Aと税金対策① 基礎編

2018年1月22日

M&Aにおいては、その手法によって課税対象や金額に差が出てきます。というのも、株式譲渡は会社の売却、事業譲渡は事業の売却と、それぞれ意味合いが少しずつ異なってくるためです。また、法人の課税関係には必ず適格組織再編に該当するかどうか確認することが重要でしょう。まずはそれぞれについて簡単に概要を見ながら、税金についてのイメージを固めることが先決です。

未登録

M&Aで重要な労働契約の基本知識M&Aを進めるうえで最も神経を使う労働契約

2017年12月12日

M&Aにおいて非常にセンシティブな問題として、売り手側企業の従業員の扱いというものがあります。この問題を労働契約の問題としてみていきましょう。今まで働いていた従業員の立場や環境に大きな影響を与えるため、時としてM&Aの契約全体の成否を決定することもあるでしょう。また、労働組合の協議や今までの労使法にかかわるような勤務体系などがあった場合、買い手側のリスクと認...