ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 人的承継 " に関する記事

経営のノウハウや人脈など、会社の経営においてお金で買えない重要なものを承継することです。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その13M&Aで会社の値段はどのように決まるのか

2019年6月3日

ひと昔前まで、M&Aは上場企業のような大企業を中心に行われてきました。 しかし、近年、少子高齢化による後継者難や人手不足により、我が国の企業の大多数を占める中小企業でも、事業承継のためM&Aを取り入れるようになってきています。 M&Aなどによって自社を売却したり、他社を買収する際、果たしてその対象となる会社をいくらで売るか、またいくらで買うかという、会社...

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その6M&Aアドバイザーを得て本格始動!『買手候補探し』のプロセス

2019年5月11日

M&Aによる事業承継で最も利用されるスキーム(手法)は、「株式譲渡」と「事業譲渡」です。 そして、これらスキームのプロセスの手順については、「M&Aによる事業承継講座」その3のフローチャート図で示しました。 今回は、前回の「M&Aアドバイザーとの契約」を受けて、「買手候補探し」のプロセスを見ていきます。

未登録

業種別にM&Aの事例を確認!事例集 ソフトウェア開発業

2018年1月23日

M&A事例集。続いてはソフトウェア開発に関する事例です。ソフトウェア開発の業界でもM&Aは非常に活発。考え方が斬新な経営者も多く、今までのやり方に頓着しないため新しい方法をどんどん試していくという会社もよく見られます。そのため、M&Aという手段で会社を大きくすることもあまり抵抗がないようで、進めるのであれば積極的に進めていくというのが業界全体の傾向としてある...

未登録

M&Aの注意点を押さえるM&Aの注意点② 中小企業の戦略

2018年1月22日

中小企業にとってもM&Aというのは経営戦略としてみることが出来ます。事業継承という視点だけでなく経営そのものを刷新する、あるいは経営における重要な選択と集中のバランスを変更する。こういったいわば企業再編にM&Aは好都合です。事業継承も含め、経営戦略に合致しないM&Aが行われると、必ずと言っていいほどM&A後の経営効率が悪化し、失敗を招きます。そのようなことに...

未登録

M&Aで重要な労働契約の基本知識M&Aを進めるうえで最も神経を使う労働契約

2017年12月12日

M&Aにおいて非常にセンシティブな問題として、売り手側企業の従業員の扱いというものがあります。この問題を労働契約の問題としてみていきましょう。今まで働いていた従業員の立場や環境に大きな影響を与えるため、時としてM&Aの契約全体の成否を決定することもあるでしょう。また、労働組合の協議や今までの労使法にかかわるような勤務体系などがあった場合、買い手側のリスクと認...