ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 子会社 " に関する記事

他社から実質的に支配されている会社です。親会社にあたる会社が最終的な意思決定を行います。

未登録

会社の身売りではない!M&A基礎知識

2019年5月27日

M&Aという言葉が新聞上に載り出したのは2000年ごろからです。特に世間を賑わせたのは有名企業による敵対的買収。ライブドアによるニッポン放送の買収問題は特に有名ですね。 それらのおかげでM&Aや買収のイメージは、力づくで無理やり身請けされる金のかかる嫌がらせ、経営が立ち行かなくなった会社の末路など、非常にマイナスのものになりました。 「あそこの会...

未登録

会社の身売りではない!M&A基礎知識

2019年5月27日

M&Aという言葉が新聞上に載り出したのは2000年ごろからです。特に世間を賑わせたのは有名企業による敵対的買収。ライブドアによるニッポン放送の買収問題は特に有名ですね。 それらのおかげでM&Aや買収のイメージは、力づくで無理やり身請けされる金のかかる嫌がらせ、経営が立ち行かなくなった会社の末路など、非常にマイナスのものになりました。 「あそこの会...

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その2M&Aによる第三者への承継って?

2019年5月4日

団塊の世代も70歳を超え、リタイアを考えるとき、大きな問題となるのが事業承継です。 超高齢化社会となる我が国において、大多数を占める中小企業の廃業が心配されるところです。 このような時代背景のもと、近年注目されているのが「M&Aによる第三者への承継」です。 一昔前までは大手上場企業が行ってきたM&Aですが、企業存続のため中小企業も行うようになってきまし...

未登録

M&Aの契約書の基本とは?M&Aに必須な契約書をみていこう

2017年12月12日

M&Aにおいてはその契約には様々な法律が絡んでくるため、その契約書もまた膨大なものになります。一般的な取引のような基本合意や最終的に締結される契約といった基本的なものだけでなく、法定開示などを含んだ情報開示、今までの従業員とのやり取りなどとかかわってくる労働契約、そして事業領域を統合する際に気になってくる独占禁止法など、細かい法律まで入れていくと、いったいい...

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ⑦ 現物分配

2017年11月26日

現物配当という仕組みは、2012年の税制改革において導入された新しい仕組みです。この改正は、完全支配関係などの一定の条件を満たす場合に、現物分配により移転される資産を税務上簿価に移転することが可能になりました。つまり、現物分配を行った場合、法人における譲渡益課税が生じないため、組織再編やM&Aの手法として注目されるようになったのです。

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ④ 株式交換

2017年11月26日

株式交換によるM&Aは平成11年の旧商法改正時に導入された制度です。M&Aの手法としては広く定着しました。一般的に企業は流動資産としての多額の現金をストックしていることは珍しく、M&Aをするための買収資金を調達しなければなりません。そのため、時には契約はしたのだけども、資金調達がうまくいかなくて、半年ほどスケジュールが動いていないなどの案件も出てきます。この...