ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

M&A の流れを知っておこう!

M&Aのやりとりを売り手側から見ていく

M&Aのやりとりを売り手側から見ていく

いざ、M&Aを行おう!と思っていても、そのやり方や流れを把握できないために二の足を踏んでしまっていることは多いのではないでしょうか。今回は、売り手側企業から見たM&Aをフローについてみていきましょう。また、M&A買い手側企業の探し方は自力と仲介業者を使う二つの方法がありますが、ここでは仲介業者を使う方法で進めていきます。

買い手側企業が見つかるまで

売り手側企業にとって買い手側企業が見つかるまでにどれだけの情報を出し、どれだけの情報を出さないのかについて考えていかなければなりません。

また、売り手側企業にとって難しいのは、M&Aを行うという情報を誰にどこまで開示したらいいのかの判断をしなければならないということです。

M&Aを行うという情報がむやみと流れてしまうと、従業員のモチベーションに影響を与えるばかりか、金融機関や取引先の関係にも悪影響が出てしまいかねません。

こうした問題は、そのまま会社の価値評価に影響を与える非常にセンシティブなものです。

信頼できる相手を社内外に作っておく必要があるでしょう。

経営者一人では、まとめなければならない情報があまりにも多すぎるため、対応しきれないのです。

仲介業者への情報登録から始まる

さて、まずは仲介業者に情報を登録していきます。

仲介業者を介して、多くの買い手候補企業に情報を提供していくのです。

この段階では、主要取引先や詳細な事業内容などの企業が容易に特定できるような情報は相手には渡らないので安心してください。

仲介業者によってはこの段階で目安となる売却金額をあらかじめ売り手側企業に提示してくる場合があります。

そのため、売却金額が自分の予想していた金額に満たないといった場合は、この段階でM&Aをやめるという判断も可能です。

買い手側企業が見つかったら

仲介業者とデータをやり取りし、納得できる状況になった段階で仲介業者は買い手先企業を探します。

買い手先企業はある程度ストックされており、その中から企業分析や業界調査をしていく中で、シナジーなどのメリットの強い企業を見つけ出すのです。

買い手先企業はまず、仲介業者から売り手先企業の情報を手に入れます。

いきなり、売り手先企業と面談といったことは絶対にありません。

売り手先企業の特徴などを大まかにつかんだうえで、M&Aにメリットがあると判断された段階で、初めて経営層のトップ会談となるのです。

トップ会談で重要なのは、お互いの経営理念や事業方針、企業文化でしょう。

いくら数字上でM&Aにメリットがあるといっても、ビジネスや組織を動かすのは人間。

この人間同士の相性が悪い中ではメリットも縮小してしまいます。

最悪、M&Aの失敗例となってしまうでしょう。

こうしたことを防ぐために、トップ会談ではなかなか言いにくいことも含めてコミュニケーションをとっていくことになるのです

トップ会談がスムーズに進めば、そのまま金額やM&Aの手法などの議論に移っていきます。

また、買い手先企業が、売り手先企業の従業員や経営層、株主をどのようにしていくつもりなのかといった非常にセンシティブな問題も出てきます。

特に、従業員については、その家族を路頭に迷わす可能性もある難しい問題です。

M&Aの手法によっては、株主総会の特別決議などが必要になってくる場合もあります。

M&Aをしようと動き出した段階で、小さい株式は経営層に集めたり、家族で株を分け合っている場合は事前に根回しをしておくなどしているかとは思いますが、買い手先企業が決まった段階でもまた問題が発生することもあるでしょう。

ここは時間を使ってでもしっかりとしたコミュニケーションをとっていくことで、失敗しないM&Aとなっていくでしょう。

契約締結に向けて

売り手先企業にとって、M&Aを成功させる秘訣は、実は買い手先企業の動きではありません。

売り手先企業のステークホルダーをどのように納得させるのかという問題こそ、スムーズなM&A契約締結のカギとなります。

時に、非常に時間のかかる場合もあるのではないでしょうか。

例えば、買い手先企業にとって最大の目的は従業員のノウハウと技術だったにもかかわらず、M&Aをするといった情報をうまくコントロールできなかったために、不安にかられた従業員が大量に離職してしまった場合、買い手側企業にとってどう映るのかという問題です。

この場合は、売り手側企業の魅力は大幅に減ってしまい、結局M&A締結とはならなかったといった場合もあり得ます。

失敗しないM&Aのためにも、何よりも売り手側企業は自分のステークホルダーとのコミュニケーションと情報の統制が大事なのです。

こちらの記事もよく読まれています。