ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 財務アドバイザー " に関する記事

M&Aにおいては売却価格や売却の条件、相談など財務関係のアドバイスをするものを指します。 仲介業者ではなく、売り手と買い手でそれぞれ別のアドバイザーがつき、クライアントの利益が最大になるようにサポートする役割です。 主に金融機関が行います。

未登録

「M&Aによる事業承継講座」その8M&Aプロセスの中でも特に重要な『デューデリジェンス(DD)』

2019年5月11日

M&Aでは「基本合意契約」から本格的な「最終譲渡契約」を締結するまでの間に、買手側企業が「ノンネームシート」や「IM(インフォメーション・メモランダム)」といった開示情報などの正確性を、公認会計士、税理士、弁護士といった外部の専門家に依頼して詳しい調査を実施します。これがデューデリジェンスです。  

未登録

M&A手法の基本知識事業継承のためのM&A手法 ③ 事業譲渡

2017年11月26日

事業譲渡方式は、事業継承ではあまり一般的とは言えないでしょう。しかし、使い方によっては現経営者・創業者にとって非常にメリットの大きい事業継承スタイルです。M&Aを行う方の視点からすると、会社そのものを継承するにはリスクが大きい場合や、特定の分野のみの買収を行いたい場合などに用いられることがあるスタイルでもあります。そんな使い方の限られる事業譲渡について詳しく...

未登録

M&Aに取り掛かる前にM&Aをする際のメリットとデメリット

2017年11月22日

事業継承としてのM&Aにおいて、そのメリットとデメリットを整理してみましょう。漠然とした理由で行うには金額や関わる人の数などを考えても、そう簡単にはいきません。また、現経営者にとってどんな利益があるのかをしっかり理解することで、買収先の企業や仲介業者とも綿密なコミュニケーションを築くことが可能になるのです。

未登録

交渉におけるコミュニケーションが重要M&Aに参加する仲介者について

2017年11月22日

事業継承において最も重要なことは、交渉におけるコミュニケーションです。自社がどれだけ魅力的な存在であっても、その交渉ごとに失敗した結果、良い買い手が見つからなかったり、条件が悪くなってしまったりすることはよくあることでしょう。そこで、ここでは、事業継承のM&Aをする際の相手が考えていることや性格についてみていきます。交渉ごとの名人は、必ず相手がどういう存在で...

未登録

M&Aにはどんな方法がある?事業継承に関係する8つのM&Aの方法

2017年11月22日

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称であり、Mergersは合併をAcquisitionsは買収をそれぞれさします。合併とは2つ以上の会社が1つになること、買収とはある会社がほかの会社を買ったりすることになります。多くの場合、資本提携などを経てある企業と別の企業が1つに大きくなるという意味で使われているでしょう。また、M&Aの...